1.世界3大漁場に数えられる恵まれた海

東京から約500km。

岩手三陸海岸のど真ん中にある大槌湾は、世界3大漁場と呼ばれる親潮と黒潮のぶつかる海域にあり、良質なプランクトンが豊富でほたて養殖に大変適した地域です。

 

大槌湾の「海中湧水」という独自の環境の中で、常に新鮮に循環している海水によって「ひょうたん島活ほたて」が育まれます。

 


2.養殖の仕方

大槌湾ほたて養殖組合では貝殻の耳に穴を開けてつり下げる、「耳吊り」という方法で養殖します。

 

「耳吊り」はほたてと海の接する面を増やすため、大槌湾の豊富な栄養を有効的に取り込むのに最適な方法です。

この養殖方法のおかげでほたて

は大きく、甘く成長します。


3.大槌町復興への思い

 

ほたて養殖を0から再開し、3年半が立ちます。

 震災で失ったものは大きく、今も町の復興・雇用・人口の流出問題と課題はたくさんあります。

 

大槌ならではの甘いほたてを全国に届けながら、大好きなこの町の一日でも早い復興、安定した暮らしが出来るよう祈っています。

(大槌湾ほたて養殖組合 越田副組合長)

 

ひょうたん島『活ほたて』商品名の由来

ひょうたん島のモデル「蓬莱島」
ひょうたん島のモデル「蓬莱島」

大槌湾にはあのひょうたん島のモデルとなった

「蓬莱島(ほうらいじま)」があります。

 

ひょうたん島「活ほたて」の名は大槌の象徴であるこの島から取りました。